日本キリスト教団新松戸教会

全人治癒修養会に参加してA.T

この三日間は『自分の苦根を取り除く』ということを期待して望みました。

終わってみて思うのは、聖霊様によりたのみ信頼していくことでなんとかなっていく(癒されていく)明るい兆しを得たということです。

今までの自分は所有する価値観にとらわれていて神様との関係にその価値を見出すことがなかなかできなかったと思います。

信仰を持つ、聖書知識を持つ、何か役に立つ能力を持つ、といったことで自分の価値が出てくるような思いでいました。

そしてそれが奉仕疲れになったり、他人の期待にそえないことが裏切り行為のように感じたりということがあったり…けれど、神様の愛にたって足りない能力を心配しないようになることがこれから少しずつできるように感じます。