日本キリスト教団新松戸教会

全人的治癒修養会に参加して 秋元良治

とてもよい修養会となりました。

この会に参加する前に聖霊様に示されていた壁(人をさえぎって閉じこもってしまう壁)に気づき、友人に話すと是非新松戸教会の修養会に出たらいいと勧められて参加しました。

二日目の分科会のときにその原因となっている過去の傷(家庭内暴力・会社の上司による暴力的な言葉・牧師に傷つけられる言葉)がきっかけとなり許せないことが残っていてそれが要塞になっ手いることに気がつきました。

それが賛美や油注ぎの祈りで何度も祈っていただいて心に喜びがあふれるようになったとき、簡単に許せる心になり、聖霊に満たされて証のとき「許します」と思わず宣言してしまいました。

喜びがあふれたため証をしたくてしょうがなかったのです。同時に自分の中に入っていた劣等感や過去にかけられた否定される言葉は神から来たのではない。この言葉は本当ではない。私の目にはあなたは高価で尊いと神様がおっしゃっていることが本当であるということに気づき、私は神様に愛されて神様の祝福を受け取っていくものであると宣言したのです。

実は、2,3日前まで引きこもっていたのですが、そのような自分がうそのようです。新しい自分に作り変えられました。神様の恵みは私の上に十分なほどでした。ありがとうございます。